最新情報

page : [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

Liberal Arts Colleges と Boarding Schools は金持ちだけの教育だという批判に対して答える。

2012年04月27日
1.生徒対教師の数を6対1とかの比率にすれば当然授業料が高くなる。先生は高学歴だし、当然高給となる。日本のように50対1にすれば授業料は安くなるが、生徒一人当たりの先生がかける手間ひまは薄っぺらいものになる。

2.かかる批判は、日本の私学教育をそもそも否定することになる。日本の私学も結構高い。

3.かかる批判は、アメリカの私学教育全部を否定することになる。アメリカの私学は Harvard、Yale、Columbia、Princeton、Columbiaなど全部非常に高い。

4.かかる批判は、全ての教育を税金でまかなって誰でも行けるようにせよ、という主張に繋がる。消費税を27%ぐらいにしなければ、これは今の国家財政の破綻状況から考えてとても無理。私学教育は税金が足りない以上必要。

第89回丸の内スクエア・アカデミー開催のご案内

2012年04月24日
第89回丸の内スクエア・アカデミー開催のご案内
「姉はHarvardに、弟はOxfordに。」


姉はHarvard Business Schoolを卒業、現在Google本社で働く。弟はこの度Oxford大学大学院から合格通知をもらった。

姉も弟もアメリカのBoarding SchoolからLiberal Arts Collegeに進学した。姉はオバマ大統領が入学したLiberal Arts CollegeのOccidental Collegeに、弟は東部のユダヤ系Boarding Schoolから東部の名門Liberal Arts Collegeに入学。そしてこの度Oxford大学大学院の合格を勝ち取った。

ここにアメリカのBoarding SchoolからLiberal Arts Collegeに見られるLiberal Arts教育のすごさがある。

高度な思考力とCritical Thinking、批判的思考能力、分析力が求められるHarvard、Oxfordの大学院へのキップはやはりLiberal Arts教育を中心に行なうBoarding School、Liberal Arts Collegeの8年間で培われたもの。

Boarding School、Liberal Arts CollegeのLiberal Arts教育とは何か。その教育の現場を米国認定教育コンサルタントとして知る石角完爾が詳しく報告します。

日本にはないLiberal Arts教育のすごさと楽しさをHarvard Business Schoolを卒業した姉の本「私が『白熱教室』で学んだこと」(阪急コミュニケーションズ出版 http://www.amazon.co.jp/dp/4484122073)及びOxford大学大学院合格を勝ち取った弟のユダヤ系Boarding School、そして東部の名門のLiberal Arts教育を詳しく分析します。

日本の大学の国際化が叫ばれ、文部科学省主導で入学時期を9月にしようなどという動きがあるが、そのような形式的な小手先で国際化が出来るはずもない。日本の大学は国際化の流れの中から大きく取り残され、国際ランキングでは今や日本でトップと言われる京都大学ですら100位以内に顔を出さない。

そこで、親御さんの選択としてはやはり欧米の大学ということになる。その頂点に位置するHarvard、Oxford、Cambridge、Yaleなどの大学に合格するためにはそれなりの準備と攻め方がある。

Harvard、Oxfordを頂点とする世界ランキングの大学を目指すには、それなりのルートと秘訣があるのです。それを自分自身Harvardの大学院を卒業し、Harvardの博士課程にも合格した石角完爾がその秘訣をお話します。

アメリカのIECA認定の正式な教育コンサルタントとして、LondonとNew Yorkに事務所を構えて活躍する石角完爾がLiberal Arts College教育のすごさを話する。

古い話ですが、石角完爾は1977年にHarvard大学法学大学院を卒業し、1979年にHarvard大学の博士課程に合格しています。どのような学生がこの世界のトップレベルの大学に合格出来るか、長々と続くHarvard、Oxford両校の伝統についてもお話しする。

Liberal Arts 教育とは日本では一般教養などと間違った訳を与えているが全く違う。

Liberal Arts教育とは「何を教えるか」ではなく、「誰が、どう教えるか」なのである。ここのところが分かっていないといくらアメリカのLiberal Arts Collegeで教えられる科目を日本の大学が用意したところで永遠にLiberal Arts 教育は出来ない。

「誰が、どう教えるか。」そこがLiberal Arts教育のポイントなのである。この「誰が、どう教えるか。」この2つは日本では準備も対応出来ないし、提供できない。いくらMicheal Sandel教授の授業を真似ても駄目だ! その理由もお知らせする。


<丸の内スクエア・アカデミー>
日 時:2012年6月4日(月) 14:00~16:00
場 所:丸の内スクエア
(千代田区丸の内3-1-1、国際ビル8階811号室)
会 費:1,000円 (非会員は4,000円)
講 師:石角 完爾
演 題:「姉はHarvardに、弟はOxfordに。」


丸の内スクエア・アカデミー主宰 石角完爾
(千代田国際経営法律事務所 代表弁護士・弁理士)
ユダヤ教徒
ユダヤ人
ユダヤ教義解説者
米国認定教育コンサルタント
東京都千代田区丸の内3-1-1
国際ビル 811号室 丸の内スクエア
Tel: 03-5252-5252
Fax: 03-5252-5006
Email:info@marunouchisquare.com
Website: www.marunouchisquare.com ( Kanji Ishizumiが主催する政治、経済、文化、哲学の勉強会、丸の内スクエア・アカデミーのWebsite)
www.kanjiishizumi.com (ユダヤ教徒 Kanji Ishizumiの Official BlogのWebsite)
www.cat.ag (弁護士Kanji Ishizuimi が 代表の千代田国際経営法律事務所のWebsite)
www.olive-education.com (教育コンサルタントKanji Ishizumi が主催する海外のスーパーエリート教育コンサルタントのWebsite)
http://school.chiyodakokusai.co.jp/ (Kanji Ishizumiが主催する、幼児/小学生/中学生を海外のスーパーエリート校への留学研究会のWebsite)
http://ja-jp.facebook.com/people/Kanji-Ishizumi/100001403443438 (Kanji Ishizumi のFacebook)
http://www.linkedin.com/profile/edit?goback=%2Enpe_*1_*1_*1_*1_*1_*1&trk=h-gnav-name-link-0 (Kanji Ishizumi の Linkedin)

また、非会員のお申し込みのキャンセルはセミナーの前日15時までにお願いいたします。当日お知らせをいただかないまま欠席された場合は、後日参加費をお支払いいただきます。

会員、名誉会員については丸の内スクエア・アカデミーへのキャンセル・チャージは、セミナーの始まる時間までに全く連絡がない場合に限りキャンセル・チャージが発生することとします。従って、会員、名誉会員は24時間前にキャンセルする必要はありません。

丸の内スクエア・アカデミーの会員申込みはwww. marunouchisqure.comへ。月々5000円でセミナー会員になれます。但し、審査があります。会員のみが講演の詳細及び講演録を無料でご覧になれます。講演録の閲覧/downloadは www.marunouchisquare.com へ。非会員はe-mailで申し込めば、4.000円(送料別、消費税別)でお送りしますが石角完爾の全く知らない方には恐縮ですが、検討の上とさせていただきます。

Letter from Kanji Ishizumi to some parents.

2012年04月17日
洪水のように襲って来る大量で、かつスピードの速い英語にどう対処するか。

この問題はxxxxxちゃんだけではなく日本人の留学生が全員遭遇する問題です。

結局は学習スタイルの違いで、日本の学習スタイルは英語を日本語に訳す。それも正
しく訳すということを学習スタイルにしているために、いちいち英語の単語に対し一
つの日本語訳が日本の先生から押し付けられ、一つの構文に対しては文法通りの日本
語訳が日本の先生から押し付けられる、それを少しでもずれると×がつくという日本
の学習スタイルの問題が根底にあります。

しかし、アメリカでは当たり前のことですが、英語を他言語に訳すということは元よ
り前提に入っておらず、英語で書かれていることのその先の意味を理解するというと
ころまで求めてくるのです。例えば、英語の詩を読まされて、「この詩はどういうこ
とを訴えようとしているのか」ということがクラスルームでDiscussionされていきま
す。

だから英語の詩を正しく日本語に訳すということは元より一切行なわれず、その詩の
持つ背景、作者の意図等々がクラスルームではDiscussionされます。

そうすると日本人の留学生は100人中100人がクラスルームのDiscussionには全くつい
ていけません。予習の段階で英語の詩を日本語に訳すということまでしかやっていな
いからです。しかもその日本語に訳すということすら他の科目の予習も大量にあり、
とても追いつかないのです。

最初の間は日本人の留学生は恐らくアメリカ人の10倍ぐらいの時間をかけて予習する
必要が生じて来るのはこのせいです。つまりアメリカ人が10時に寝るところを日本人
の場合は深夜の2時、3時までやらなくては間に合わないという事態が最初の6ヶ月
ぐらいは待っています。これは覚悟しておいて下さい。

特にxxxxxちゃんの場合には、yyyyyでそのような日本の学習スタイルを押し付けられ
ていたために、Boarding Schoolに入ったら最初は大いに悩み苦しみ、焦り、
Struggleすると思います。しかしこれを乗り越えていかなければなりません。日本人
の留学生はほとんど全員がこれを乗り越えて行っています。

乗り越えるためにはどうするか。その秘訣を以下、お教えします。

石角完爾のEngland学校訪問記(その4)

2012年04月17日
筆者は2012年4月4日、Englandの名門中の名門のPublic School、xxxxxを訪問した。4月とは言えいきなり前日からの雪に見舞われた。ここEnglandでは4月もまだまだ気を許せない。しかしxxxxxには桜の木が多く、この寒い中でも桜の花が咲いているのは日本人の目に優しい。

xxxxxはEnglandでも名門中の名門、xxxxxの出身校である。xxxxxはこのxxxxxでShakespeare劇団に入り、才能を開花したと言われている。そのxxxxxの才能を見出したxxxxxの先生が今はEton校の校長先生になっている。

xxxxx は創立が1870年のEnglandでも最古のBoarding School の一つであり、この学校が有名になったのは、その錚々たる卒業生の中でもxxxxxがOxfordに入る前にこのxxxxxで学業生活を送ったことで知られている。

xxxxx は男女共学でありPrep Schoolからあるが、Prep Schoolは70名と少なく、Public Schoolになると300名、トータルでも400名という少人数の良い学校である。

重要なことは学校が小さいということであるが、その基準からこのxxxxx は合格であると言える。

xxxxx は3 Term制で、Spring・Summer・Autumnという3 Term制をとっている。Spring Termは1月1日から3月23日まで。Summer Termが4月16日から6月30日まで。Autumn Termが8月29日から12月11日まで、ということである。無論年によって多少の異同はある。

フランス語、ラテン語が小学生から教えられる。

またxxxxx はハリー・ポッターの舞台となった全寮制の学校と言われている。それは無理もない。ハリー・ポッターの著者J.K. Rowlingがxxxxx在住であり、そのJ.K. Rowlingがハリー・ポッターを書いた喫茶店がElephant Houseという、これまたxxxxxにあるCoffee Shopであり、そこからxxxxx まではタクシーで10分ほどである。

このお城のようなxxxxx がxxxxxの名所にもなっており、ハリー・ポッターの舞台としては正に文句のない設定であると言われている。

xxxxxのAcademic LevelはEnglandで最高Levelの一つにあり、xxxxxの中高では555名、小学校で177名。これに対して125名の教職員がいるので、先生対生徒の比率は1:6と素晴らしい比率に維持されている。

Examination Resultは2010年GCSEが98% Pass rate、A Levelは100% Pass rate、IVが36% Achieved、 Over 40 point Equivalentで達成されている。

Average Class sizeはLower Levelで15、Middle Schoolで19、Upper Schoolで15である。Upper Schoolというのは6 Form、Middle Schoolが3、4、5のFormである。

卒業生の98%が大学に進学する。大学の進学先は米英の一流大学、コンスタントに約10名のOxford、Cambridge進学者を出しているが、アメリカの大学に進学する者も多い。

アメリカの大学ではUniversity of Pennsylvania、TaftなどIvy Leagueに進学している。Englandでは、Aberdeen大学、Bristol、Cambridge、Durham、Edinburgh、Exeter、Leeds、Manchester、New Castle、Northumbriaなどの一流大学に進学している。

また分野は文科系、理科系に広くまたがっている。

以上


石角完爾のEngland学校訪問記(その4)

シンガポールの永住権取得はお金だけでは不可能に

2012年04月05日
シンガポール政府が突然発表し、今まで認められていたお金をシンガポールに持って行けば永住権がもらえるという制度が突如廃止になりました。今までは6億5,000万円相当のお金をシンガポールに持って行けば永住権がもらえたのですが、それが先日発表になり突如この4月13日までの申請をもって終了するとされました。

このニュースはまだ新聞や雑誌には発表されていませんが、もし丸の内スクエアのメンバーの中で、あるいは関係者の中で計画しておられる方がいらっしゃれば早急に申請手続きを行なう必要があります。と言ってもかなり日程的には厳しい状況で、即日行動をおこなさなければなりませんが。

私は前からシンガポール永住権取得の有効性について何度も何度も丸の内スクエアのメンバーに報告していましたが、何人かの方は永住権を既にそれで取得しておられます。

物事はぐずぐずしていてはいけない。どんなことでもタイミングある。行動を起こすには迅速果敢にやらなくてはならない。後で取り返しがつくことであることならば今すぐ始めなければならない。考えていること、ぐずぐずしていることは何の意味もない。

以上

石角完爾のEngland学校訪問記(その3)

2012年04月05日
筆者は2012年1月11日(水)LondonのXXXXから約1時間の電車の距離にあるYYYYという駅に降り立った。ここからタクシーで10分も行かないところに、BBBBB Schoolという有名な男子のBoarding Schoolがある。

この学校はエリザベス女王陛下も訪れたことがある名門である。Catholic、Jesuit系の学校であるが、宗教を押し付けられることはない。

タクシーの窓からはなだらかな牧場が見える。豊かな丘陵地帯に学校は位置する。

案内してくれたAAAという日本人の男の子はこの学校に4年間来ている。つまり9歳から来ている。

最初の2年間は英語で苦労したらしいが、アメリカで言うESL、こちらではEALというクラスがあり、そこで英語を教えてもらって今では英語は全く不自由なく使えている。

中学は例の有名なEtonあるいはHarrowを目指しているとのこと。

土曜日は授業がない。

以上


石角完爾のEngland学校訪問記(その3)

子供の教育に関するSolomon王のWisdom

2012年04月05日
Solomon王と言えば、David王と並び最も有名なJewishの王様だが、Solomon王は
Wisdomの固まりであった。そのWisdomの一つに次のようなものがある。

「The child to obey the discipline of his father and never to abandon the
gentle teaching of his mother.」 これはProverbsの第1章第8節。

父親は厳しく母親は優しくということを言っている、と理解するのが一般的である。
母親は子供の感情面の情操教育を担い、倫理道徳面の教育は父親が担うということを
言っているとも考えられる。

それでは子供に厳しくするということをSolomonはどう言っているか。

同じくProverbsの第13章24節によると「He who loves his child disciplines it
from early age.」と言っている。子供を愛するならば小さい時から厳格に教育しな
ければならない、ということである。

英語で言う「Smacking」ということがどこまで許されるか。あるいはそもそも許され
ないのか。Smackingというのは子供をピシャリと叩くことである

これに関してはJudaismの教えは、両親あるいは先生は教育の目的である限り
Smackingは許されるとしている。ただJudaismの面白いのは、Smackingが行き過ぎな
いようにするために、Smackingの仕方まで教えているのである。「細い紐で叩け」と
言うのである。

相撲の取組みを見ていても分かるように、平手打ちは脳震盪を起こさせたり、鼓膜破
裂をさせたりする恐れがある。だからJudaismでは「細い紐で叩け」と言うのであ
る。その限度を超えて子供に怪我をさせたりした場合には、Solomon王は「叩いた人
間が処罰されるべきであり、損害賠償責任を負う」と言い切っている。

Maimonides(Moses ben Maimon。12世紀の有名なHebrew学者、通称RamBam)は、さら
にどのような瞬間にSmackingをすることが許されるかということにつき具体的に述べ
ている。

子供のやったことについて親が怒っている時にはSmackingをするべきではない。怒り
の感情が遠のいてからSmackingをするべきであるとMaimonidesは言う。そして、子供
に分からせるために、怒りの感情が遠のいてから怒っているという表情を親が作って
Smackingをするべきである、とまでMaimonidesは微に入り細に入り教育方針を具体的
に教えている。

Moses五書のTorahが言っていることは子供への愛LoveとDiscipline厳しさとの
Balanceと言ってしまえれば一言で済むが、Judaismのすごいのは、このようにその
Balanceの着地点を具体的に教えていることである。

Smackingの仕方まで、そして「Smackingは細い紐でやれ」とか、怒りの表情の作り方
とか怒りの感情の制御の仕方まで教えているところがJudaismのすごさである。

それではJudaismでは、Smackingの対象となり得る子供の年齢はどう考えているか。

Smackingの対象となる子供の年齢の上限はJudaismでは22歳までとされている。但
し、子供の年齢が上がれば上がるほどSmackingについては極めて慎重になされなけれ
ばならないとJudaismでは教える。そして、もし子供が22歳以下でも結婚している場
合にはSmackingは許されないという。

Talmudは教える。もし誰かが誰かに対して怒りを感じて手を上げた場合には、実際に
相手に対してその手が当たろうが当たるまいが、単なる怒りで行なうかかる行為は悪
魔の行為である、という原則がある。

そこで子供は何歳までSmackingが出来るか、対象となり得るかということに対しての
Judaismの結論は、原則としてBar Mitzvah及びBat Mitzvahの歳を子供が迎えたなら
ばSmackingは許されないとJudaismではしているのである。

さて、Bar Mitzvah、Bat Mitzvahとは何歳か? 女の子は12歳、男は13歳である。小
学校を出たらJudaismではSmackingは原則として親が、あるいは先生が行なうべきで
はないとしているのである。

このようにJudaismでは子供に対するお仕置きの具体的な基準を微に入り細に入り教
えているのである。こういう点が他の宗教と全く違うところである。

自分の事業ばかりをグローバル化するな。自分の子供、孫の教育こそグローバル化せよ。

2012年03月27日
 経営者は事業のことばかり考えるな。自分の時間とエネルギーの半分、収入の半分は子供や孫の将来に注げ。あなたのDeath Bedに付き添ってくれるのは誰か。会社じゃない、事業じゃない。子供や孫だ。
 
 目指せOxford、目指せHarvard。

 事業をIPOするのにも数年の計画が必要です。まして自分のお子さんやお孫さんをOxford、Cambridge、Harvard、Yaleなどの世界の一流大学に合格させるには15年ぐらいの慎重なPlanningが必要です。

 嬉しいことに、私が教育コンサルタントとしてコンサルしている二人のお子さんがこの度世界最高峰の小学校に合格しました。10年後には彼らもOxford、Harvardの門を叩く生徒になっていくことでしょう。


また、この度私の一番下の息子がOxford大学大学院から合格通知を受け取りました(2012年)。その姉はHarvard大学大学院 Business Schoolを2010年に卒業しています。

私自身Harvardの大学院Law School を卒業し(1977年)、Harvard Law School 博士課程にも合格(1978年)しています。

 近々「Oxford大学、Harvard大学合格の秘訣」といったタイトルのセミナーを開催致しますので、是非ご参加下さい。近々ご案内を差し上げます。
 
以上

石角完爾のEngland学校訪問記(その2)

2012年03月27日
筆者は2012年2月29日、ロンドンからTrainで40分のXXXXXの駅から車で15分にあるAAAAA Schoolを訪問した。

訪問した日はイギリス特有の曇り空であった。このAAAAA Schoolというのは男子のBoarding Schoolであり、家族経営のBoarding Schoolとして筆者がお勧めのところである。なぜ家族経営が良いのかは言うまでもない。責任の所在がハッキリしているからである。

この学校は周りに何もない丘陵地帯である。いわゆるイギリスの田舎であり、自然環境は、よって抜群と言って良い。

学校への車でのアプローチは両側が牧場地帯になっており、羊が放牧されていた。

この学校はイギリスでもトップクラスのCompetitive なAcademic Schoolであり、卒業生の多くはEton、Rugby、Radley、その3つの学校に行くらしい。

BBB and CCC、この子達2人とも2年前に10歳で来て現在12歳。今年卒業する。

MusicのPrivate Lessonの部屋が10個あり、それぞれピアノその他の楽器が出来る。Sound Proofされている。

いずれにしても、ここの学校の卒業生は全員イギリスのトップのBoarding Schoolに行く。

AAAAA Schoolの周りは森に囲まれており、長靴に替えて森の散歩に行く。

Woodcraftの部屋はアメリカのBoarding School並みの大きさ。

多くの生徒がPublic Schoolすなわち中高一貫の全寮制の高校からArtとかAcademicの分野でScholarshipをもらう予定である。

またPotteryの部屋もある。Libraryは明るくて充実している。

この学校で最も小さい子は8歳。AAAAA Schoolはかなり古い学校である。このLibrarianはCambridgeで日本語を選択した人で、Classroomは基本的に10人以下、能力別に分かれている。

ScienceのClassroomもある。ScienceのClassではAlgaeを教えていた。藻類のこと。

テニスコートは8面ある。ラグビー・コートは相当な数があって、歩いて行くのは大変な広さである。

AAAAA Schoolはフランスに学校を持っていて、1 TermフランスにStayしてフランス語の勉強をする。ラテン語、フランス語はほとんど毎日1時間クラスがある。Dramの個人教授の部屋もある。ゴルフの練習もゴルフ・コースもある。ゴルフの試合もある。

洗濯、掃除は誰かがやってくれる。

Scholarshipを取る子供達は特別のクラスを受講しScholarshipを受ける。Harrowとかそういうところで試験を受ける。

以上


石角完爾のEngland学校訪問記(その2)1

石角完爾のEngland学校訪問記(その2)2

石角完爾のEngland学校訪問記(その2)3

石角完爾のEngland学校訪問記(その2)4

5歳のお子さんの母親からの相談

2012年03月22日
今日は5歳のお子さんの母親家庭からの相談を受けました。

かなり科学的に詳しい知識をお持ちの方で、放射能汚染、特にがれきから出るアスベストの空中飛散から我が子を守るためにせめて子供だけでも海外に脱出させたいという相談でした。科学的な根拠のある心配であるために、私も必死になって5歳の子供を受け入れてくれる海外の里親を探すこととしました。

これほどのがれきが発生したことは人類史上なく、しかも近代建築のがれきであるためにアスベストが大量に含まれており、これを日本全国各地でがれき処理をすれば、アスベストが各地に飛散するという、この親御さんのご心配は科学的根拠のあるものとして、深刻に受け止められるべき問題。

以上

石角完爾のEngland学校訪問記

2012年03月16日
筆者は2012年3月2日、ロンドンから飛行機で1時間、XXXXXの飛行場に降り立った。

XXXXXの飛行場から車で約20分の距離の高級住宅地帯にこのDDDDD Schoolが位置する。XXXXXでも屈指の教育校であり、主にDay Studentが中心であるが、Boarding Studentも約50名ほど用意されている。男女共学である。と言っても男と女が机を並べるのは7歳までで、7歳からは男女別々になり、高校生になるとまた男女共学に戻るというシステムを取っている。男子校と女子高はタクシーで5分ぐらいの距離に位置しており、それぞれ広大なキャンパスを誇っている。

筆者は男女共学校のPrep School及び男子校のHigh Schoolに訪問したが、まるでオペラハウスを思わせるような巨大な殿堂が全校集会場や音楽会に使われており、その設備の良さと広大なキャンパスは筆舌に尽くしがたいものがある。

入学試験は外国人の場合はMathのみであり、英語はいわゆる1対1のESL Tutoringが別料金で用意されている。

筆者はこの学校の校長先生及び入学審査窓口のYYYYYに会い、学校の中を案内された。

筆者は2012年3月2日ScotlandのXXXXXにあるCCCC Schoolを訪問した。

この学校はヨーロッパでも最大級の在校生徒数を誇っており、恐らくXXXXX中の秀才が集まって来ていると言っても過言ではない。この学校と競争しているのが、EEEEの出たFFFFFであり、この学校から見渡せる位置にお城のようなFFFFFが建っている。このFFFFFと競争するのがこの学校である。

男女共学で、小学校の高学年から中学は男女別々になるが、また高校生の高学年で男女共学に戻る。

この学校もFFFFFに比べれば授業料は安いものの設備は超一流であり、負けず劣らずお城のような建物である。その音楽堂、AuditoriumはXXXXX Festivalのオペラハウスとしても使われる完全な舞台設備を持っている。

この学校の入学審査窓口がYYYYYであり、その上司がZZZZZという背広を着た男性である。

ESLもあり、日本からも1~2名地震と放射能を逃れて来ている。欠点はベッド数が50と少ないため早めにApplyすることが必要である。

もう一つのAdvantageは、他のイギリスのBoarding Schoolと違い外国語が豊富に用意されており、Frenchの他にGerman、Mandarin、Spanish、Mandarin等々が教えられているということ。

/images/photo_20120316.jpg

第87回丸の内スクエア・アカデミー開催のご案内

2012年03月16日
第87回丸の内スクエア・アカデミー開催のご案内
「私が『白熱教室』で学んだこと」出版記念講演会&出版記念レセプション懇親会


ご承知のようにGoogleは世界で最も働き易い会社、しかし、世界で最も就職人気ダントツの会社であるため、最も入社が困難な会社と言われている。

そんな中、普通の日本の女子高生が渡米後10年程でSilicon ValleyのGoogle本社に採用された。

その成長と変身の原動力はアメリカの高校、大学、大学院で受けた白熱教室にあると言う。白熱教室とはどんなものか。それを描いた本「私が『白熱教室』で学んだこと」(amazonリンク)を出版した石角友愛さん(ブログリンク)が4年ぶりに帰国し、出版記念講演会を開催します。

発売後数日でアマゾンランキング留学部門1位、5000部増刷という快挙を成し遂げている著書の内容を話していただきます。

紀伊国屋書店では平積みどころか4連平積みになり、「話題の新刊」のコーナーに並べられています。

出版社の阪急コミュニケーションズも出版不況の中編集部で全員が「バンザイ」をして立ち上がったという本です。何がそんなに良いのか。これは一つの見方ですが、東京駅前丸の内オアゾ丸善本店の書店員さんのコメントを紹介します。

「勉強ということを根本のところから考えさせられる1冊。グローバルな人材を目指す人は必読。うちの店にどんぴしゃな本だと思うな。リベラルアーツを学びたくなった。」

日本人女性でGoogle本社採用というのは非常に珍しい。彼女がそこに至るまでHarvard 大学院で、そしてオバマ現大統領の通ったOccidental Collegeで、そしてMassachusetts の全寮制の高校で全く英語大嫌いの普通の日本の女子高校生が Silicon ValleyのGoogle本社に採用されるまで、彼女が受けた白熱教育で、モジモジ、チマチマ、シクシク、トボトボの普通の日本の高校生がキラキラ、ランラン、グングン、ガンガンへとどう変身していったか。どのような教育を受けて来て本場のアメリカの Silicon Valley好みの人材に育ったのか。大変興味のある教育論、企業論、人材論が聞けるものと期待します。

この講演会の後、1時間半ほど時間を置いて、場所は銀座の有名なイタリアンのシェフが居る「イル ポネンティーノ」に場所を移し、レセプション懇親会を開催致します。講演会では皆様とゆっくりと石角友愛が懇談する時間は設けておりません。レセプション懇親会でゆっくりと皆様とお話し、Google、Facebook、Apple、LinkedIn等々世界のIT BusinessのメッカとなったSilicon Valleyの現状と将来性についてゆっくりと皆様とお話したいという企画です。


<丸の内スクエア・アカデミー>
第1部 講演会
日 時:2012年4月16日(月) 16:30~17:30
場 所:日本倶楽部
(千代田区丸の内3-1-1、国際ビル8階(帝国劇場の入っているビル))
会 費:1,000円 (非会員は2,000円)
講 師:石角 友愛 (イシズミ トモエ) http://tomoehbs.exblog.jp/
演 題:「私が『白熱教室』で学んだこと」
(阪急コミュニケーションズ刊)
(出版社紹介ページ。目次一覧と前書きが全て載っています)


第2部 レセプション懇親会
<Reception Schedule>
19:00  会場オープン (Drink & Cocktail)
19:30~ 石角友愛ご挨拶、Buffet Open
場 所: 「イル ポネンティーノ」(http://www.ilponentino.com/access/index.html
東京都中央区銀座8-9-15 ジュエルボックス銀座B1F(銀座通りに面したスワロフスキーのビル地下1F、資生堂の斜め向かい)
Tel: 03-3569-3232
会 費: 3,000円 (非会員は6,000円)

参加申込みは下記へ。
第一部、第二部、いずれに参加するのか、両方参加するのかを明記して下さい。
お申し込みの際に、参加者の氏名、会社名を記載して下さい。


丸の内スクエア・アカデミー
東京都千代田区丸の内3-1-1
国際ビル 811号室 丸の内スクエア
Tel: 03-5252-5252
Fax: 03-5252-5006
Email: info@marunouchisquare.com


また、非会員のお申し込みのキャンセルはセミナーの前日15時までにお願いいたします。当日お知らせをいただかないまま欠席された場合は、後日参加費をお支払いいただきます。

会員、名誉会員については丸の内スクエア・アカデミーへのキャンセル・チャージは、セミナーの始まる時間までに全く連絡がない場合に限りキャンセル・チャージが発生することとします。従って、会員、名誉会員は24時間前にキャンセルする必要はありません。

丸の内スクエア・アカデミーの会員申込みは http://www.marunouchisquare.com/ へ。月々5000円でセミナー会員になれます。但し、審査があります。会員のみが講演の詳細及び講演録を無料でご覧になれます。講演録の閲覧/downloadは http://www.marunouchisquare.com/ へ。非会員はe-mailで申し込めば、4.000円(送料別、消費税別)でお送りしますが石角完爾の全く知らない方には恐縮ですが、検討の上とさせていただきます。

以上

IECA 認定書

2012年03月12日
photo_01
 

「4→3→2→1」と「1→2→3→4」

2012年02月14日
日本の子供は贅沢に囲まれて大きくなる。Jewishの家庭では、貧困や苦境に耐えられるよう教育する。

東京の都心の有名私立に通う子供は贅沢に囲まれた極みのような境遇にある。美味いもの、お菓子、好きなだけのBrandものの衣類、携帯、Game、高級車、冷暖房の効いた自分の部屋。親の富や日本の豊かさが永続するなら、今の日本の子供のように贅沢に囲まれて育っても良い。しかし、である。永続するか、である。

これに対しAmericaのEliteが通うBoarding Schoolは、子供を都会の贅沢と親の豊かさ・富から遠ざけるのが教育目的の一つだから、必ず山奥や田舎に位置している。子供に渡される小遣いも学校の決める上限以内で親が学校に預ける。24時間寮生活をするから、学校の中のみの生活であり、贅沢なことは出来ない。学校の売店で売っているものぐらいしか手に入らない。東京の有名私立に通う子供なら自分の部屋があるのが当たり前だが、AmericaのBoarding Schoolの寮生活では3人部屋が普通だ。しかも蚕棚のBed。机も椅子も小さくて固い。風呂などなくShowerのみ。

AmericaのBoarding SchoolのもととなったEnglandのPublic School(全寮制私立校)のEtonとかRugby、Harrow校では、昔は貴族の子供が入る学校なのに、食事はわざと貧しく、2品一皿で主食は芋しか出なかったうえに、冬でも暖房をわざと入れさせなかった。

さて、Jewishでも人生は良い時ばかりではなく苦境の方が多いという見地から教育し、また、その格言、小話が多い。

Jewishの教育は母親の家庭教育が中心だ。学校教育は補助的と考える。

さて、10ヶの飴玉を子供に与える時Jewishの母親はこうする。

「最初の日に4ヶ、次の日に3ヶ、また次の日に2ヶ、最後の日に1ヶ、をあげるか、逆に最初に日は1ヶ、次の日は2ヶ、また次の日に3ヶ、最後の日に4ヶか:どちらが良いの?」

こう子供に聞くと、子供だから必ず早く沢山欲しいので、最初の日つまり今日4ヶくれと言う。ところが子供は、次の日に3ヶしかくれないと不満になり、日を追うごとに不満が高まり、最後の日は1ヶしかくれないので不満が爆発する。

そこでJewishの母親は、今度は最初の日に1ヶ与えて、増やしていくあげ方をとる。と、どうだろう、子供は翌日には飴が1ヶ増えるという楽しみで期待に胸を膨らましていくようになる。

そしてJewishの母親は子供にいよいよ大切な教えを言うのである。「最初にいいことが沢山あるのと、あとにあるのとどちらが良いのか」と聞くのである。こうして、Jewishでは、人生は不幸なこと、辛いこと、耐えることから始まる方が良いことを教える。

東京の都心の有名私立に通う小学生のように最初から何でも十分にあると、それが自分の努力ではなく親の財力や東京という世界一豊かな町が与えたものなのに当たり前のように受け取ってしまい、その後の人生で少しでも欠乏することがあると不満が爆発する。耐久力がない子に育つ。

AmericaのBoarding SchoolやEnglandのPublic Schoolは、このJewishの母親にならっているのである。

日本でも昔は「可愛い子には旅をさせよ」とか「可愛い子には薄着させよ」とか「獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす」という格言があった。ただJewishの格言のように具体的ではないので、言っていることは同じでもどうすれば良いのかが伝わってこない。

Jewishでは、人間というものをHebrew Bibleがしっかりと、その本質をつかまえるように教えている。本質を摑まえるには、物事を違った角度から逆に見る訓練がいる。もともとHebrewという語源は、「別の角度から見る人」という意味である。Jewishでは、不幸も幸福も、不幸感と幸福感とは、別のものだと教える。同じ幸福も別の角度から見ると不幸感にとらわれるし、逆に同じ不幸も別の角度から見ると幸福感で満たされるものになる。

Jewishの小話を一つ。

ある村に「自分の家が狭いうえに子供が4人もいておまけに女房が太っているので自分は立って寝なければいけない。こんな狭い家に住む自分ほどこの世で不幸な人間はいない。」と不満をぶちまけている男がいた。これを聞いたHebrewの王がこう命令した。

「お前のその狭い家の中で鶏を10匹飼いなさい。」

この王の命令に嫌々従った男は

「女房と子供だけでも足の踏み場もないのに、鶏10匹じゃ、私は糞に埋まって寝よというのですか。前よりも不幸になった。」

これを聞いたHebrewの王が

「それじゃあ、鶏10匹に加えて、羊を10匹家の中で飼いなさい」と命じた。

男は王の命令だから従ったが、国中の人間に向かって自分は王の命令のお陰で国中で一番不幸な目に遭っていると言い回った。

しばらくして、やっと王は
「鶏10匹と羊10匹は家の外で飼っても良い。」と命令を変えられた。次の日、男は王の所に感謝の品々を持って来て、こう言った。

「私は大変幸せな男です。今や私の家には家内と子供4人。広々と暮らせるようになりました。」

世界経済は1970年からこの40年間限りない成長を遂げた。しかし、2012年の人々と1970年代の人々の幸福感はどちらが上だろうか。成長で得た「もの」を失って1970年代の人々の生活Levelに戻っただけなのかも知れないのに、不幸感で満ちているのではないか、不幸と不幸感は別物である、とJewishの格言は教えているのであろう。

幼い時に英語圏に行くと変な日本人にならないか?

2012年02月14日
小さい時からAmericaにやって変な日本人にならないか、という心配はもっとも。しかし、ずっと日本の学校に行って日本の大学を出ても変な日本人はいっぱい居る。

電車の中でやおら鏡とMascaraを取り出して化粧を始める日本の女の子は「変な日本人」ではないのだろうか? 酔っ払って電車のPlatformにゲロをしているSalarymanは「変な日本人」ではないと言うのかな? よく立ち小便をする日本人を東京では見かけるが、あれは「日本人的な日本人」として世界に誇れる姿なのか、世界の誰が見ても「変な日本人」ではないと言うのかな? ParisのLouis Vuittonの店に行列を作っているのはまだしも、小便座り(いわゆる中腰)をしている日本の女の子が多くいて、Frenchや他の国の観光客から目を背けられているのも、「変な日本人」ではない、あれが普通の日本人の誇るべき姿だと言うのだろうか?

一方、New Yorkは変なAmerica人がいっぱい居る。Roller Skateで通勤する奴とか、地下鉄で物乞いする奴とか、本当に変な奴だらけだ。しかし、老人が来たら100%席を立っている。立ち小便は見たことない。酔っ払ってゲロをする奴も見たことない。地べたに腰を下ろす女の子は多いが、小便座りは見たことない。

我々は「変な日本人」が二つ居ることに気付かないといけない。一方は、日本では普通だが世界中から見て「変」、他方は、日本では「変」だが、日本外では「普通」というもの。

怖いのは、世界から見て「変」という時に、その評価が大抵は「二度とこいつとは」という最低の評価になることだ。電車の中で化粧する女性や小便座りする女性は世界中からは売春婦と見られる。酔っ払ってゲロを吐く人間は欧米の会社では絶対に昇給も昇進もない。

酒をControlできない人間は無能力者と見られる。立ち小便に至っては逮捕される犯罪者だ。

日本に大学まで居ると「日本の常識」=「世界の非常識」に気付かないでそのまま日本の組織のTopに登り、その人の「日本の常識」の言動に世界中が腰を抜かすHappeningが起こり兼ねない。そうなると国益を害するということだ。

日本のあるTopが航空機Hijackerの要求を呑んで刑務所に入っているTerroristを解放した時に「人命は地球より重い」と発言し世界中が腰を抜かした。世界の常識は「地球は人命より重い」であるからだ。だってそうでしょう。地球あっての人類でしょう。若し言うとするならば「多数の乗客の命はTerrorist数人に代えられない。」と言うべきだった。しかし、それさえも世界の非常識。だってそうでしょう。せっかく捕まえた数名のTerroristを世に放てば、そいつらが次に何百人何千人の一般人を殺害するかも分からない。

昔ある日本のTopが「Iraqで自衛隊員が10人も殺害されたら内閣がぶっ潰れる」と発言し、世界中が腰を抜かした。だってそうでしょう。9.11以降の世界の常識は「世界の対Terrorist対策実行にはある程度の海外派遣隊の犠牲は已む得ない」の中、自分の内閣の命運がTerrorist対策より重要というのではどうしようもない。Topの発言なら「我が内閣の命運をかけてもTerroristには敢然と立ち向かう」でしょう。

AmericaのBoarding Schoolに留学して、このような「変な」ことは身につかないだろう。これは、請け負っても良い。

一方、中学からAmericaのBoarding Schoolに行くと、どんな「変な日本人」になるかというと、英語で喧嘩の出来る日本人、人前や舞台で全く物怖じしない日本人、150人ぐらいのAmerica人の前で英語で挨拶出来る日本人、質問をよくする日本人、主張の強い日本人、創造性独立性の強い日本人、人真似の嫌いな日本人、世界の非常識たる日本の常識が身についていない日本人という「変な日本人」になる。

さあ、どっちを選ぶかだ。

以 上